1. トップ
  2. >「すみ音楽教室」の特徴とコーチングについて

「すみ音楽教室」の特徴

1.レッスンにコーチングを取り入れている


普段からコーチングならではの、生徒さん主体のレッスンをしております。講師の考えを押し付けるのではなく、生徒さん自ら考えるように導いてゆきます。
さらに、小学校高学年になると一ヶ月に一度、ピアノから離れて本人の内面と向き合います。
まず、これからの夢や、やりたいことなどを、ノートや専用の紙に書き出してゆきます。
そしていろいろなことを質問してゆきます。

質問はピアノに対する具体的なことから、人生の夢など大きな事柄まで、その都度、無限にあります。

時には学校などの生活がうまくいっていない場合だってあります。
そのときは気持ちに寄り添い、よく話をきいてあげて、本音を引き出します。
すると突破口が自然と本人の口からでてきたりするものです。

それぞれの個人の中にもともとあるけれど、普段は押さえつけられている、
「こうなりたい」「わたしにはこんなことができる」
「こういうことがしたい」
「こういうことができたらいいのになあ」
このような想いを大切に扱います。
その結果生徒さんたちは自分の可能性に気づいて、さらに輝きはじめます。

2.レッスン料金が低く設定されている


一般的には最低でも7000円程度が多数のレッスン料金を、長く通っていただきやすいように最低5000円から、また小学生は6000円の固定料金と、大変良心的な価格とさせていただいております。
私が教室を運営するにあたって一番重視しているのは生徒さんとの信頼関係であって、月々のお月謝の額などではないからです。その結果いったん入会されればみなさん4年、5年、あるいはそれ以上の長い期間通ってくださいます。

3.イメージ力をきたえ、右脳を刺激するレッスン


当教室ではイメージ力も大切にレッスンしております。学校ではいつも正解がある問題に取り組んでいる子供たちにとって、自由に自分の心を表現する時間は、たとえ短時間でも、非常に有意義で貴重です。

小学生になったらノートを一冊用意していただき、月に一度は、私のセレクトした音楽を聴いてもらい、自由にイメージをふくらませてもらっています。(時間は10分程度で終わりますし、高学年になるとこの時間がコーチング(目標設定)の時間に変わります)

最初に私の質問に答えてゆき、その後音楽を聴くことによって浮かんだ情景を絵に描いてもらっています。
たいていみなさん楽しそうに絵を描いてくれますが、色鉛筆をいっぱい使って色だけ塗ってゆく子、線だけで表す子、表現のしかたは子供によって様々です。

私の質問に対しても、慣れないうちは口ごもる子供たちも多いですが、そのうちどんどん個性的な発言が増えてまいります。そしてこの時間を楽しみにしてくれる小さな生徒さんがとても多いです。

他に、曲名のないものには自分で曲名をつけてみたり、ストーリーを考えてもらったり、場面ごとに色を思い浮かべてもらって色わけしたりと、現在50通り以上、様々な情操教育の方法があります。
やわらかな感性をもつ子供のうちに、表現する喜びをぜひ味わってもらいたいのです。
臆することなく自分をのびのびと表現できる。それは人生においてものすごく楽しくて充実する時間となるはずです。

コーチングについて


コーチングとは対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術のことです。
相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促します。


【日常会話とコーチングとの違い】

普段のコミュニケーションは思ったこと、感じたこと、考えたことを自分が主体で思うままに伝え、相手からもそれがかえってきます。
日常会話では、相手が話しているときも自分が次に何を話そうか考えてしまいがちで、本当の意味で人の話を聴いていない場合が多いです。

しかし、コーチの聴き方は相談者(クライアント)の気持ちによりそって、じっくり話を聴きます。そしてクライアントのやる気や自発性を引き出す様々な質問をします。

そのことによって、クライアントに「私ってこんなこと考えていたんだ!」「私にはこんなことができるかもしれない」という気付きが起こり、「よし、やってみよう」「一度ためしてみよう」というふうに行動に移していけるようになります。

コーチングとは、コーチがクライアントの話を傾聴し質問することで、相談者の気分が楽になり、前向きになっていけるようにサポートするコミュニケーションです。

先生のブログ ギャラリー よくあるお問い合わせ
お問い合わせフォーム